非常中傷は悪せない!悪質なことを書かれていたら!

まずは自分の名前をチェックしよう

ネットは便利ですが、悪質なことをする人もいますよね。学校でもネットを使ったいじめが増えていると言われています。自分のブログをしているなら、何か嫌なことを書いてくる人もいるのかもしれません。誰でも匿名で自分のことを悪く書かれていたら許せません。特にブログをしていなくても、掲示板などに自分のことを悪く書かれているかもしれません。気づかなければわからないので、自分の名前を検索して定期的にチェックしましょう。

心当たりがある人と話し合おう

匿名で人の悪口を書きこむことは酷い行為です。まともな考えの持ち主なら、匿名で人に嫌がらせをしようと思いません。しかし、誰かを悪い言う人は、その人のことを恨んでいる可能性が高いと言われます。例えば、元交際相手や元配偶者だったりすると、まだ相手のことを忘れていない人が多いです。告白を受け入れてくれなかったり、自分の思いを拒否されたと感じた時に、好意から憎しみの気持ちに変わることもあります。心当たりのある人物に話してみましょう。

削除される前に保存しよう

ネットは不特定多数の人が見ることの出来る場所です。自分の悪評を書き込まれていたら、自分のイメージが悪くなってしまいます。出来るだけ早めに削除してもらうことが大事です。まずは書き込まれた情報を保存してから、サイトの運営者に連絡をしましょう。保存をしなければ、後で相手を訴えることが出来ません。すぐにでも消してほしいと思う人は多いけれど、証拠を掴んでから削除要請をしましょう。保存した証拠を持って、警察や弁護士に相談するのです。

サジェスト対策は、効果が現れるまでに1週間以内と即効性があり、サイトを利用するユーザーに話題性のあるお店やサービス、会社といった印象を与える事が出来ます。それにより、アクセス数の保持が可能なのです。