インターネット上の誹謗中傷を予防する対策とは

顔が出ると危険性が増します

インターネットを介して中傷をされやすいことが顔を公にしたことによるものといえるのです。ソーシャルネットワーキングサービスそして動画のサイトに対して顔をアップするとネットを使って誹謗中傷されるだけに限らず、悪くすれば家の特定であるとか個人情報が明らかになります。映像が保管できないような設定も存在するのですが、悪意のあります人たちはいとも容易く保存でき、いわゆる二次使用されますので、注意することが必要になります。

匿名で利用できるものを選びましょう

友人だけしかアクセスできないようにセッティングしたケースでも、万全ではありません。友人として登録されている方が二次使用しないとは、断定できません。そして、中傷されたというようなケースで、友人の全体数が多いケースだと、誰が中傷したか理解できずに全てを疑問視することになります。差支えなければ、実名で申請するソーシャルネットワーキングサービスは使用することなく、名前を秘密にして用いたほうが中傷を浴びる危険が小さくなります。

掲示板利用での留意点

オンライン上には、掲示板などが見受けられますが、いずれを選んでも本名を出さずに使用することができます。掲示板のやり方次第で、なりすましを阻止するために一緒の人からの打ち込みであることを、確証できるしくみが整備されていますが、この仕様を選びますと、インターネットを介して中傷が行われやすくなります。いうまでもなく、重要な個人情報が把握できるということはありませんが、不快感を持つ可能性が高いことから、距離を置いたほうがベターでしょう。

2ちゃんねる削除依頼はガイドラインをよく読み、決められた方法で依頼しましょう。なかなか削除してもらえなくてお悩みの方は弁護士に相談するのも一つの手です。