ビットコインの将来!その展望と期待とは!

期待されていることは確か

ビットコインは期待されていることは確かです。資本主義的な考え方の一つになっていますが、要するに国際通貨として国が管理をしないと通貨として資金の移動が極めて円滑であり、そして自由にできるようになる可能性があるからです。但し、今の所はまだまだ発展途上であるといえます。そもそも認知度が高くなったのは投機的な側面が強かったからです。一過性のブームにならないように今後は通貨としての自覚と制度設計が重要になります。

将来はあるのかどうか

実は個人、或いは大きな組織が通貨として通用できるようなシステムを作ろうとした例は意外とあります。さすがに背景に国がいないので失敗していますし、妨害もされたわけですが、ビットコインは今の所、そうした状態にはなっていないです。コンピュータを使い、無尽蔵には作れない通貨であるからです。無尽蔵に作れない、というのはデメリットに見えるかもしれませんが、通貨とは製造されることに制限があったほうが安定するのでこれはメリットといえます。

今後の発展と期待されること

とにかく、ビットコインは認知されるようになりましたが、まだまだ足りないことが多くあります。その一つとして、決済できるところが少ないことです。インターネット上では増えていますが、リアルで通貨として使えることが最終目的になりますから、一つでも二つでも大きな企業が決済手段として自分の商品、サービスの支払いに認めるくれるようになるのが今後の大事な分岐点になります。これができるようになれば雪崩のように多くの企業が参入することでしょう。

ビットコインとはインターネット上の決済に使用することができる仮想通貨のことです。貨幣を持たないため仮想の通貨とされています。