ecサイトは、サブページに対してSEO対策を行う事!その理由とは?

ecサイトのライバルは、全国に多く存在する

地域限定における実店舗では、それほどSEO対策における効果はそれほど難しい内容ではありません。競合となるサイトが限定的であり、競合がいたとしても1ページ以内に表示出来る事がほとんどですよ。ただし、全国規模をターゲットにする事がよくあるecサイトでは、競合が激しく、たとえ上位表示されたとしても、ライバルのecサイトがSEO対策を行う事も予測出来ますよね。SEO対策が過剰になれば、検索エンジンスパムとして判断されてしまうリスクも高まってしまいます。

サブページであれば、言葉を豊富に作り出す事が可能

トップページに対して、検索されそうな形容詞などの言葉を多く扱うと不自然なecサイト名になってしまいますよね。サブページであれば、複数のページに渡って、様々な言葉を扱う事も可能です。例えば、カレーのecサイトであれば、比較をするほど美味しさが増すカレーと言う様なタイトルを付ける事も出来ます。この場合は、カレー、比較のキーワードを扱って来訪者が訪れるかもしれません。サービスが利用され、気にいっていただければ、サイト名のキーワードで訪れてくれる可能性も秘めていますよ。あくまでも、この説明内容は、アクセス数を増やすためのテクニックです。コンテツの見せ方や、サービスの質が悪ければ、当然、人を遠ざけてしまいますよね。ecサイトは、大前提としてサービスの質を含め、デザインに意識を配る事も大切です。

サブページは競合が少なく自然な姿を見せやすい

ecサイトにおけるSEO対策の多くは、トップページに対して行われる事がほとんどです。費用と時間を他のページに費やす余裕が無い事がほとんどだからです。そのため、競合が少なく、SEO対策の効果を直ぐに得る事が出来る可能性を持ち合わせていますよ。よくよく考えて見てください。ecサイトのトップページに対して人気が高いと言う事は、サブページに対しても人気が高い可能性がありますよね。それにも関わらず、サブページに対してリンクが一つも貼られていない姿は、不自然な姿と言えるのでは無いでしょうか。これは、検索エンジンスパムとして判断される可能性が高まってしまいます。それを避ける目的も含め、適度にサブページに対してもSEO対策を行う事は大切と言えるでしょう。

ecサイト構築の際に是非とも実装したい機能として、ページビューのログ出力機能です。利便性向上などの改善を行う際のヒントとしてログが活用できるからです。